私と宝の物語 1章 運命の始まり

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!

今からやく1560年前。

ローマの技術では「魔法」が使える時代。

ある所に、高校があった。「だーかーら、ガエンはおかしいんじゃないの?」

ガエンと呼ばれた男はこう答えた。

「エリス、けどこれを宝島の地図と捉える以外でどう表現する!」

エリスとガエン。エリスは学校の成績トップ。魔法使いの女性である。

ガエンは、頭が悪いが勇ましい若者の男子。2人は何故か仲がいい。

時は遡り、6時間前・・・。

「親父!なんなんだ、これ!」ガエンの声。

それに父はこう答える。

「この地図をたどると宝島があるが、立ち塞がる荒波のせいで誰も行けないらしい。だがエリスやロフクと一緒なら行けない所はない!!!」

「て、親父が言ってた」「は~」ガエンに呆れるエリス。

「しかも、ロフクを呼ぶのは1番だめよ!」と、エリスが言う理由は、なんと!

彼は極度のオタクなのである!だが、ガエンが説得して、なんとかロフクが仲間になった。

というわけで、ガエンが色々やらかしながらも船が完成。

3人は夏休みの8月15日に港の船、トータルエクプレスに集合の約束を交わした。

約束の日。朝だがとても暑い。ロフクはふとこんな事を考えた。

「宝島、なんか化物とか出てくるよ、なんか興奮してる自分がいるんだけど。」

エリスがオーバーな準備をしてきたが、全員集合。

いざ!出港!!!!!

どうでしたか?2章も頑張ります!

次回予告 ついにガエン達が宝島に!次回もゆっくりしていってね!!

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!