沈没した日本の海、山の幸をもずく(ペット)と一緒に食べ歩く☆ 2話

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!

沈没した日本の海、山の幸をもずく(ペット)と一緒に食べ歩く☆ 2話

「もずもず!母なる海だもず~!」

モスターは、久々の海の中で興奮していた。

「お!次の目的地が見えてきたぞ!」

見えてきたのは1483mの雲仙岳と1592mの阿蘇山。

屋久島の宮之浦岳(1936m)から、250km程だ。

「さて、どっちに行く?亜鈴」慎吾が話しかけた。

亜鈴は、「ん~雲仙岳から行こうかしらね」と答える。

今は、ちょうど天草あたりだ。下には都市の残骸ともずく。

小さい丘にももずく。食料品はまだ沢山ある。

実はこの潜水艦には、周りに空気をまとう特殊な魔法がかけてあるのだ!

その御蔭で、みんなで釣りを楽しんだりしていたら、

いつの間にか大量にたまった。「も~ずもずもず、食べるもず!」

「待って!もうちょいで山よ。その時の食堂はどうするの?」

「そうだったもずね・・・。今は、ごちそうに変えて我慢するもず!」

そして、雲仙岳で意外な人と出会うのであった。

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!