沈没した日本の海、山の幸をもずく(ペット)と一緒に食べ歩く☆ 1話

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!

沈没した日本の海、山の幸をもずく(ペット)と一緒に食べ歩く☆ 1話

舞台は日本・・・。なのだが、秘封倶楽部より後の未来の日本だ。

今この日本国は危機に面していた。津波で山頂以外の殆どが飲まれた。

さらに、同時に起こった世界急速海面上昇現象ともずくおしゃべり現象。

もずくおしゃべり現象は、主流のペットがもずくになった今、

もずくが海からかられて十分経つと喋り始めるということが起きた。

そして、世界急速海面上昇現象のせいで山以外は深海になってしまったのだ!

そのせいで、お金を作れなくなり、お金の意味がなくなり、

空港もなくなってしまったのだ!

そんな中、女子高校生の亜鈴は、ペットのモスターと、潜水艦の運転手と

旅に出るための準備をしていた。

「潜水艦は準備オッケーね、2人ともずくで住むなら十分。

後10人乗れるから仲間が増えても安心ね。」

「おし!俺の出番か!」彼は慎吾。潜水艦の運転手だ!

二人は潜水艦に乗り込み、モスターと一緒に旅に出た。

亜鈴の!沈没世界講座~!

この世界は、沈没しているだけではなく結界も不安定なの。

だから幻想郷の人たちや、死人も仲間になるかも!

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!