東方恐運命

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!

東方恐運命

彼女はレミリア・スカーレット。

種族は吸血鬼であり、妹にフランドール・スカーレットを持つ。

能力は「運命を操る程度の能力」。

そんな彼女でも、運命を変えられなかった事件がある。

485年前の事。妹は10歳。

そんな幼い頃に、フランの能力がわかったのだ。

「ありとあらゆる物を破壊する程度の能力」。

私は、それに、恐怖を覚えた。私でさえまだ能力の制御

が効かないというのだから。

そして、1年も経たなく、私はフランを地下牢に幽閉してしまった。

「フランは何も悪くないのに・・・。」

その時、怖くて、怖くて、能力の制御なんて考えなかった。

感情的になるのは脳があるから当たり前。

その時に、どう感情を出してどう冷静に判断するかが大切。

感情を溜め込むといつか噴火する。

そして、赤霧異変が解決してから、フランを開放した。

彼女は誰も来ないから心を開けなかったし、楽しめなかった。

どんなに悲しかっただろう。

あのときは、何度やっても同じ過ちを繰り返すと私は思う。

私の幻想は、可笑しい事もあったけど、とても悲しかった。

記事をシェアしてくれたら嬉しいです!